• 歯医者とマイクロスコープ治療

    歯科治療にマイクロスコープを、積極的に取り入れている歯医者もあります。


    歯科医療の世界も日々進んでいますから、歯医者でも新しい取り組みなどには前向きです。

    そんな歯医者でも採用しているマイクロスコープは、手術用顕微鏡のことです。



    人間の目で見ることができる二点識別域というのは、限界が0.2mmです。


    高度な治療をする自由診療では、ミクロン単位といった正確さが必要になります。

    そこで、手術用顕微鏡を使うわけです。
    拡大レベルは人間の目で見るものよりも、3倍から20倍といった拡大の視野であり、作業には正確性も出てきます。

    治療ができる内容のレベルも高くなります。
    歯科医師がこれまでに積んできた経験だけでやってきた治療では、限界があります。



    その超えることができない歯科治療も、高いレベルの歯科治療まで、できることになります。



    最初は眼科や耳鼻科で使用されていたもので、それから脳神経外科や産婦人科でも導入される宵になりました。歯科での有効性は、1990年代になって認知されることとなったのです。

    しかし日本の中では、設置率はまだ低いものです。
    治療自体があまり普及していないのも理由ですし、現実問題として機器はかなりの高額なものです。しっかりとした知識を学ぶチャンスも、まだまだ少ない状況でもあります。

    ですがマイクロスコープを使える、高い知識と技術をもつ歯科医も存在しますし、精密で高いレベルの治療を受けることもできます。