• インプラントの安全性と口内環境の維持について

    インプラントは専用の金具を歯茎に埋め込んで人工の歯を固定させる処置を指します。

    マイナビニュースの情報もあります。

    入れ歯と比べると安定性に富み、歯並びを良く見せる効果があるのが特徴です。



    また、人工の歯は汚れの付着や変色が生じにくいセラミック製なので常に綺麗な状態を保つことが可能になります。



    そのため、近年では虫歯や色素沈着などで変色した歯を抜き取ってインプラントを埋め込むケースも増加しています。


    インプラント治療を受ける場合、口内環境の維持と安全性を重視することが最も大切です。

    歯茎に異物を埋め込む処置を施すことから、適切な方法で手術を受ける必要があります。

    また、周りの歯に悪影響が及ばないように人工の歯の形状は綿密に調整することが綺麗な歯並びにするための条件です。
    特に変形した歯を抜き取った後にインプラント治療を行う場合は隙間が生じないように慎重に成形するように心がけます。


    歯を抜いた後は周りの歯が隙間を埋めるように傾く傾向があることから、速やかに人工の歯を成形して埋め込むことが隙間の発生を防ぐための心得です。


    口内環境を良好に保つためにはこまめな歯磨きが不可欠ですが、歯の隙間に汚れが入り込むと虫歯や悪臭の原因になることからインプラント治療の際には注意が必要です。


    歯周病などの疾患が生じている場合は人工の歯の成形に影響することから事前に治療を済ませて問題を解消します。また、個人の体質によっては歯茎に金具を埋め込むことが出来ないこともあるので事前に入念な検査を行い、治療の有無を判断することが口内環境を良好に保つための重要な条件です。