• 審美歯科と一般の歯科の違いとは

    歯という体のパーツは、食べ物を咀嚼したり、食いしばって力を出させる為のものですが、目や鼻、髪の毛と同じように外面の美しさを大きく左右する部分でもあります。



    笑った時に綺麗な歯が見えるとそれだけで与える印象も良くなります。
    審美歯科とは、美しさという観点から診療を行う形態の歯科のことを言います。昔のお金持ちは金の差し歯を入れたりしていましたが、歯に対して美しさを求める考え方が審美歯科の原点であると考えます。



    次に、審美歯科は保険診療を行っていません。

    虫歯の治療などとは違い、歯の病気を治して機能を回復させる為の治療ではないからです。
    健康保険はあくまでも病気を治療する費用を皆で助け合って工面しようという制度ですので、美しさの追求をする審美歯科は健康保険の適用範囲からは外れるのです。

    歯の美容整形と考えればわかりやすいでしょう。審美歯科では歯列矯正はもちろん、歯を白くするホワイトニングやブリーチング、インプラント治療などを行っています。歯の白さといってもどの程度の明るさであるかなど、美しいと思う基準は人それぞれですし、また歯の形にも細かなこだわりを求めるでしょう。

    まさに美しさを求める治療です。

    それだけに患者一人一人に違った治療があり、医師と患者のコミュニケーションが非常に大事であると考えます。実際、カウンセリングから最初の診療が始まる事が多いようです。



    近年、歯科医院が増えすぎた事で経営が立ち行かなくなるケースが増えていますが、既存の歯科医院との差別化から発展してきた分野であると言えます。